ハウストーナメントに挑戦!

昨日のブログに書いた通りなんもない週末が1ヶ月以上ぶりだったもんで、ハウストーナメントに出たいなと思いサンブレのグループチャットで問いかけたところ、明日(日曜日)あるよ!とのこと。結局3人で出場することに。

18:00スタートなんで17:30に着くべく地下鉄でGO!
えーっと10駅くらいあるけど4RMB(60円)。やっす。中国はタクシーといい地下鉄といい移動費が安いんで助かります。

image

image

駅降りて歩いて向かいます。途中でザリガニ料理屋。いっぺん連れてってもらったな。うまいけどむっちゃ辛いねんこれ。日本では食わんけど、中国、アメリカは食うねんな。フランスなんかでは高級食材やし。

image

image

image

image

浦東のこの店久しぶり。お店の名前は久斯台球商務会館。サンブレの浦東在住メンバーはこのお店でついてることが多くて浦西メンバーもたまに遊びに行きます。チャイニーズエイト2台、スヌーカー4台も置いています。ポケットはかぞえたことないけど20台くらいかな?

image

image

image

image

image

ちょっとここで試合フォーマットの説明。
8ボール、予選ダブルイルミネーション、8人残し決勝トーナメント、交互ブレイク
エントリーフィー20RMB(350円)、すべての試合で負けた方がテーブル代(試合時間によるが約52RMB(800円弱))、賞金ベスト8より、優勝賞金700RMB。ハンデ3,4,5,6,7,8から選択。

俺は6にしよか思ったけど5でいいよとのことで5で。今回の参加人数は20人半ばくらい。さて試合です。

【予選1回戦】
対戦相手きてません。だいぶ待って相手のセット数が8であることを知らされます。試合開始。こ、こいつできる!まーそら8セットやもんな。さらに俺は気付きます。こ、こいつ飲んできとる!顔赤いし酒臭いし。上手いのにキューミスむっちゃしおるし。なんかあっさり勝っちゃいました。

【予選2回戦】
今度は飲んでないな。5セットの相手。ちょっと先行されるもマスワリも出て勝てた。やっぱ中国の玉屋はパイチュー!って言うとラック組んでくれるのがええなと思ってたら、ガチマスなんはご愛嬌。
※ガチマス:ラックは玉と玉の間が無いように組むが、間が空いているとブレイクで玉が散らばりにくい。硬いラックという感じでガチマスと呼ぶことがある。

【予選3回戦】
女の子で3セット。ブレイクドーン!!んでサクサク取り切る。いや、君の3セットキツいわ。君は4以上や。ここが1番きつかったです。周りの人は当然女の子の味方で「先に11番入れた方がええで!」みたいなやりとりをしてる。と思われる。言葉わからんんけどなんとなく分かった。フーフー言いながらむっちゃ狙って辛勝。予選通過。

【決勝トーナメント1回戦】
敗者側から上がって来た予選1回戦と同じ酔っ払い。かと思ったら、酔いさめとるやないか。顔の色常人に戻っとるし球もちゃうし。むーっちゃうまい。1-8で負け。賞金50RMBゲット。この元酔っ払いは日本で言うとプロクラスだと思います。予選は酔拳でしたが、決勝トーナメントは本気で賞金取りに来てる目と一切妥協の無い玉でした。

他のメンバーも途中で負けちゃった。テーブル代払ってとんとん。エントリーフィーでちょっと赤かな。ま、安くで遊べたわ。しかし8ボール普段やらんからセーフティの行き所とかムズい。最近8ボールおもろなってきた。
このフィーの払い方悪くないかも。もーちょっと工夫したらいい感じなりそう。

今日は本場の酔拳を味わえたので満足です。でも金曜か土曜にしてくれよー。明日仕事キツいわ(T . T)